公益財団法人 禅文化研究所

English Site

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

刊行物

禅文化研究所は、広く一般に、禅及び禅文化を普及する手段として、研究事業の成果を年間十数点、主に書籍として刊行しています。なかでも、年四回発行の季刊『禅文化』は、禅の思想と生活、及び文化・美術などに興味を持たれている読者のための教養誌として刊行を続けています。
※発行日が新しい順に表示されます。   最新記事のRSS 

  • 季刊 禅文化 193号

    季刊 禅文化 193号

    2004年夏号
    7月25日発刊
  • 禅・ぜん・ZEN

    禅・ぜん・ZEN

    中国の「禅」の話、このくにの「ぜん」のこと、欧米の「ZEN」事情……。数々のエピソードを紹介し、気楽に禅的思考が身につく一冊。『京都新聞』での連載を一冊にまとめました。
  • 諸回向清規式抄

    諸回向清規式抄

    天倫楓隠禅師によって、明暦三年(1657)に出され、臨済宗で用いる日分・月分・年分臨時の回向文、送喪儀における念誦回向文、日用の偈文・真言などを集成したものである。本書は、それを新編集し、現在通用している回向文は勿論、既刊の回向集には載せない、「安産」「雨乞い」「諸病平癒」「棟上げ」「普請」などの回向文も多数載せ、その数は120余におよぶ。回向文・念誦文・偈文は、音読の総ルビ、読み下し、語注を付し、現在の宗門の要望にこたえた。
  • 季刊 禅文化 192号

    季刊 禅文化 192号

    2004年春号
    4月25日発刊
  • 無門関プロムナード

    無門関プロムナード

    手に取りたいが取りにくい。難しいのではなかろうか・・・と思われがちな『無門関』を、西村惠信先生がわかりやすく説明してくださいます。
  • 山中独語

    山中独語

    熱血教師を辞して51歳で出家した筆者は、仏教とは何か、自己とは、生きるとは何かを問い続け、教師の世界も住職の世界も、根本的なところで一つであったと知る。
  • 季刊 禅文化 191号

    季刊 禅文化 191号

    2004年冬号
    1月25日発刊
  • Entangling Vines -Zen Koans of the Shumon Kattoshu-

    Entangling Vines -Zen Koans of the Shumon Kattoshu-

    江戸時代に編さんされた公案(参禅者に示して座禅工夫させる課題)集で、中国の公案など282則が収められたものの英訳本。

21ページ中11ページ 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 ...21

禅文化研究所の最新出版物のDMパンフ(2019年夏号)はこちら(PDFファイル)からご覧いただけます。

PDF 最新出版物DMパンフ 2019年夏号
(PDF:6.5KB)