公益財団法人 禅文化研究所

English Site

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

このエントリーをはてなブックマークに追加
語録のことば 唐代の禅
著・小川隆
46判並製/320頁
定価:本体2,300円(税別)
ISBN978-4-88182-225-8 C0015
発行日:2007/7/12
-禅録の読みは絶え間なく変化している-
多くの禅籍の通読から、唐代禅の問題関心の推移と連関を読み取り、その脈絡のうえに個々の問答を位置づけ、それらを相互に結び付けながら読み解いてゆく。本書はその方法に則った唐代禅宗の思想史的素描の試みである。

第Ⅰ部 馬祖系の禅
一 不立文字
二 祖師西来意
三 西来無意
四 即心是仏と非心非仏
五 柏樹子
六 平常無事
七 好事不如無
八 呼時歴歴応
九 近前来
十 是什麼
十一 洗鉢盂去
十二 日用而不知

第Ⅱ部 馬祖系の禅から石頭系の禅へ
十三 業識茫茫
十四 無始劫来生死本
十五 主人公
十六 揚眉動目
十七 見聞覚知
十八 只這箇漢
十九 「渠」と「我」
二十 幸有専甲在
二十一 離鈎三寸
二十二 只是無光彩

第Ⅲ部 臨済の「無位の真人」
二十三 無位真人(上)
二十四 無位真人(下)

コメントを投稿する

読者からのコメント
雑誌連載中の頃より楽しみに読んでおりました。この度の出版を心より喜んでおります。今後もこのようなわかりやすくて、ためになる書籍をお願いします。
匿名希望