公益財団法人 禅文化研究所

English Site

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

刊行物

禅文化研究所は、広く一般に、禅及び禅文化を普及する手段として、研究事業の成果を年間十数点、主に書籍として刊行しています。なかでも、年四回発行の季刊『禅文化』は、禅の思想と生活、及び文化・美術などに興味を持たれている読者のための教養誌として刊行を続けています。
※発行日が新しい順に表示されます。   最新記事のRSS 

  • 自己を見つめる-ほんとうの自分とは何か

    自己を見つめる
    -ほんとうの自分とは何か

    禅とは何か。何のために人は生きるのか。真の教育とは。
    真実の自分を、静かに見つめてみる。現代を生きるすべての人々に、禅のこころを親切をつくして語りかける、無文老師の代表的法話集。
  • 禅からの発想-自由自在に生きる-

    禅からの発想-自由自在に生きる-

    不安と混迷の時代にどう生きていくべきか。心静かな生き方の智慧を禅の書『無門関』に求める。天衣無縫な禅者の口から吐き出される言葉を通じ、現代社会の批判、そして人生の指針を提示する。
  • ダルマバッジ

    ダルマバッジ

    七転び八起きのダルマバッジ。各種集会活動の粗品に如何でしょうか。安全ピン付。
  • 禅文化研究所紀要12号

    禅文化研究所紀要12号

    禅文化研究所発刊の紀要 第12号

21ページ中20ページ 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 ...21

禅文化研究所の最新出版物のDMパンフ(2019年夏号)はこちら(PDFファイル)からご覧いただけます。

PDF 最新出版物DMパンフ 2019年夏号
(PDF:6.5KB)