公益財団法人 禅文化研究所

English Site

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK VIDEO DVD「こころの時代~宗教・人生~ 禅の知恵に学ぶ」
▼キャスト
出演 山川宗玄(正眼寺住職・正眼僧堂師家)
語り 渡邊あゆみ

税込価格9,900円(本体価格9,000円)
DVD 3枚組
セル/カラー/ステレオ/片面二層/16:9LB
直販のみ
<font color="red"><strong>※2021年7月30日以降の発送になります。</strong></font>

封入特典:リーフレット4頁

発行・販売元:NHKエンタープライズ
©2021 NHK
発行日:2021/7/30
世界的な大ブームが続く「禅」。禅は人生をどのように捉えるのか? 禅僧はどんな修行をしているのか? そこから私たちが学ぶべき「いのちの知恵」を、厳しい禅の修行で知られる岐阜県正眼僧堂師家、山川宗玄老師が語る。放映時より大きな反響を呼んだシリーズ全6話をDVD 3枚に収録した。

▼各回内容
・第1回「禅とは何か」 2019年4月21日放送
岐阜県美濃加茂市の正眼(しょうげん)寺に、禅の修行道場、正眼僧堂が開かれたのは江戸時代の末。多くの修行僧、雲水たちが学んできた。ここでの知恵は、仏法の生きる智慧に繋がっている。将来の道に迷って、修行の世界に入った正眼僧堂師家の山川宗玄さんは、考える余裕もなく、今、今、を生きる修行の中で道を見いだしていった。禅の開祖・達磨大師の言葉や、正眼寺所縁の禅僧・関山慧玄の足跡などを通して「禅とは何か」をひもとく。

・第2回「生きることすべてが修行」 2019年5月19日放送
修行道場、正眼僧堂には、春と秋、入門志願者がやってくる。入門を拒否され、決意を試される時間を耐え、ようやく入門が許される。待っているのは、すべてに厳格な作法や規則がある生活。言葉ではなく「鳴らしもの」とよばれる音に導かれる暮らしは、考えるよりも体で学んでいく体得底を重ねる日々となる。ぎりぎりのところに追い詰められながらも、その壁を超えていく僧堂での修行をうかがう。  

・第3回「一寸坐れば一寸の仏 ―坐禅・参禅」 2019年6月16日放送
修行道場、正眼僧堂では150年余り、雲水たちが坐禅修行を続けてきた。大接心と呼ばれる期間には1日15時間坐ることも。坐禅が深まれば、「天地と同根、万物と一体」という境地にも至るという。坐禅と共に行われる参禅では、雲水たちが師家から与えられる公案(問題)に取り組む。常識では解けない難問に挑むことは、自己の究明であると同時に人生の探究ともなる。坐禅、参禅が拓く世界とは。

・第4回「それと一つになる ―作務・勤行」 2019年7月21日放送
修行道場、正眼僧堂では雲水たちが毎日、作務と呼ばれる労働や読経、勤行に取り組んでいる。境内のそうじや山仕事など日常の仕事がなぜ修行になるのか。自ら工夫を重ねて集中し、その仕事と一つになる時、ふとした瞬間に新しい世界が開けるのだという。勤行もまた、読んでいる経と一つになり、他の雲水の声とも調和し一つとなる時、仏法が説く和合の世界が現れる。日々の修行が導く世界とは。  

・第5回「いのちをいただく ―典座・托鉢」 2019年8月18日放送
修行道場、正眼僧堂では、日々の食事のほとんどを、托鉢(たくはつ)に頼っている。遠くは20キロ離れたところまで歩いて行き、一軒一軒喜捨を乞う。いただいたものを無駄なく調理するのが典座という役割の雲水。食物のいのちが損なわれぬよう、一瞬を見逃さぬ修行が続く。質素な食事を作法にのっとって食べる。一見、堅苦しく感じられる暮らしの中で実感することとは?食べるという事をあらためて考える。

・第6回「生かされて生きる」 2019年9月15日放送
修行道場、正眼僧堂では、一月の大寒の時期に最も厳しい修行が行われる。一週間を一日と考え、横にもならず、毎日15時間以上を坐りぬく「臘八大接心」。雲水たちは、本来の自己とは何かを探究し続ける。寒さや疲労など、自分の力ではどうにもできない極致には、そこでしか開かれない世界があると言う。自分の思いを超えて生かされているいのち。その大いなる世界をさまざまな角度からうかがう。

コメントを投稿する