公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

このエントリーをはてなブックマークに追加
白隠禅師法語全集 第13冊
粉引歌 坐禅和讚・ちょぼくれ他
訳注・芳澤勝弘(花園大学国際禅学研究所教授)
46判上製・420頁
定価:本体2,600円(税別)
ISBN978-4-88182-143-5  C0015
発行日:2002/2/20
日本臨済禅中興の祖、白隠慧鶴禅師(1685~1768)が書かれた小編の法語等をおさめる。
前半に、俗謡、ちょぼくれ、和讃などの形式のもの十五種をおさめた。ちょぼくれ、俗謡などは、俗耳に入りやすい戯作ともいうべきものではある。しかし、そこにまた、禅師の真面目を見て取れるものが少なくない。容易に見てはならないであろう。
白隠禅師は民衆に対して分かりやすく教化した禅師である、というようなことが従来よくいわれているが、それは、禅師にこのような著作があることと関わるのであろう。しかし、形式は「戯作」調ではあっても、そこに書かれている内容は、決してやさしいことではなく、むしろ高遠なものであることが、本書所収の幾篇から見てとれるであろう。
また、これらの小編の中には、果たして禅師みずからが実際に著作されたものであるかどうか、疑わしいものもないではないが、ここでは、従来、禅師の作として伝えられて来たものはすべて収録した。
後半には、禅師の和歌を集めた『藻塩集』と、画賛を集めた『揺艪船』をおさめた。

お婆々どの粉引き歌
寢惚之眼覺
御洒落御前物
安心法興利多々記
福來進女
見性成佛丸方書
御代の腹鼓
大道ちよぼくれ
おたふく女郎粉引歌
施行歌
子守唄
草取唄
坐禪和讚
善惡種蒔鏡和讚
孝道和讚
藻鹽集 付 搖艪船
解説
藻鹽集搖艫船
お婆々どの粉引き歌(原本影印)
安心法興利多々記 (原本影印)
藻鹽集 附搖艫船(原本影印)

コメントを投稿する