公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

このエントリーをはてなブックマークに追加
季刊 禅文化 228号
2013年春号 4月25日発刊

定価:本体1,200円(税別)
発行日:2013/4/25
2013年は、大本山建長寺開基・北条時頼公の七百五十年諱に正当し、明年には開山・蘭渓道隆禅師の生誕八百年を迎える。今号では、日本禅の発祥地と言われる鎌倉の大本山・建長寺に焦点を当て、特集を組ませていただきました。

【特集  大本山建長寺 開基・北条時頼公七百五十年諱記念】

より開かれた寺に/吉田正道(栢樹庵)老師に聴く
アジアのなかの建長寺/榎本渉
蘭渓道隆の来日と永平寺道元/佐藤秀孝
北条時頼と蘭渓道隆/高橋慎一朗
建長寺で出版された禅の書物/高橋秀榮
蘭渓道隆と建長寺の清規/舘隆志
*グラビア 大本山建長寺宝物 (解説 浅見龍介/高橋真作)
蘭渓道隆墨蹟「法語・規則」(建長寺蔵)/丸山猶計
建長寺開山・蘭溪道隆和尚ゆかりの寺院について/鈴木佐
建長寺と地蔵・観音信仰/三浦浩樹
蜀を想う/彭丹
大香合献納 鎌倉彫 三橋鎌嶺/川辺紀子
建長寺と私/高井正俊
ひとくち法話 無常について/横田南嶺
和尚さんの身体講座 (三十八)/樺島勝徳
睡猫庵歌話 (一)眼つぶれば―窪田空穂の参禅と短歌―/大下一真
禅における心身について (一)/佐々木奘堂
「倭椹」を求む/山﨑紹耕
寺庭さんのリレー・エッセイ「四季を楽しむ茶室 東慶寺の寒雲亭」/井上米輝子
平成見聞録(四)/松山大耕
長岡禅塾物語 (七)柴庵閑話/ 北野大雲

表紙解説/浅見龍介
いっぷく拝見
編集後記〈すずろごと〉
『禅文化』バックナンバー
禅文化研究所の本
カット 左野典子

コメントを投稿する