第9回駿河白隠塾フォーラムのお知らせ

 

9th_omote.jpg

伊豆ではそろそろ河津桜が咲く頃ですね。来たる2019年3月10日(日)に、静岡県沼津駅前のプラザヴェルディにて、駿河白隠塾主催の第9回白隠塾フォーラム「白隠と健康」が開催されます。

第1部は「白隠あれこれ」と題して、白隠塾塾長の芳澤勝弘氏による講演、続いて第2部は「夜船閑話をめぐって」と題して、大本山円覚寺派管長の横田南嶺老師による講演があります。

白隠と健康といえば、『夜船閑話』。坐禅修行をしすぎて禅病に悩んだ白隠が、京都白川の白幽子に学んだ「軟酥(なんそ)の法」は有名ですね。そんな話も詳しく聞けるのではないかと思います。

定員300名で、駿河白隠塾会員は無料、一般参加は2000円です。また、参加には駿河白隠塾事務局(TEL 055-925-0512/メール)までお申し込みが必要です。
まだ席に余裕があるようですので、どうぞご参加ください。

9th_ura.jpg

毎回、弊所からも書籍販売にお邪魔しているのですが、今回は残念ながら当方からは参れませんが、関係書籍を委託販売していただきますので、どうぞ、書籍販売ブースへもお立ち寄り下さい。

伊豆の河津桜の満開の頃でもあるでしょう。あわせてどうぞ。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

中津・自性寺へ

 

b_2019-02-14-08.40.22.jpg

宇佐神宮をあとにして、デジタルアーカイブスの調査出張先である中津市の自性寺様へ向かいました。

予定通り10時着。積んできた調査機材を下ろして新幹線組のスタッフを待ちます。

この自性寺は奥平家の菩提寺でありますが、12代目の住職に提州禅恕(1720-1778)という、白隠慧鶴禅師の法を嗣いだ方がおられます。そしてその法を嗣いだのが13代目住職、海門禅恪(1742-1813)です。のちに八幡の圓福僧堂を開単された方です。

そしてこのお寺には「河童ケンヒキ太郎」の逸話が残っています。人に取り憑いて苦しめていた河童ケンヒキ太郎を、この海門和尚が仏縁によって改心させ、その河童が書いた詫び状が伝わっているのです。以後、この河童は水神のように近くを流れる山国川を護ったということで、境内にある地蔵堂の屋根には、山国川の方向を見ている河童の鬼瓦がありました。

b_2019-02-14-08.38.jpg

件の詫び状、写真は控えますが、とても素晴らしい筆書で書かれていました。

さて、3日間に渡る調査をしたのですが、その間、中津駅前のホテルに宿泊していました。私が泊ったのは10階の部屋。朝起きてスクリーンカーテンを開けると、目の前に不思議な光景が。

b_2019-02-14-07.19.jpgとなりのホテルの屋上になにやらおられます。アップでみてみましょう。

b_2019-02-14-07.21.jpg

これでもよくわかりませんが、じつはこれ、福沢諭吉先生なのです。
福沢諭吉先生の生家がこの中津にあり、中津藩の旗本として、蘭学者として、そして慶應義塾大学の創設者でもあり知らない人はありませんよね。
遺された有名な言葉が「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」ですが、思いっきり上から目線でした。

自性寺様では3日間で100本以上の書画墨蹟を調査させていただきました。もう一回は訪問する必要がありそうです。

b_2019-02-13-11.45.jpg

by admin  at 09:21  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

大分県の宇佐神宮参拝

 

20190212-_MG_4334.jpg

しばらくブログ更新が途絶えましたが、白隠禅師の「富士大名図」を所蔵されていることでご存知の方も多いかと思います大分県中津市の自性寺様に、このたび、デジタルアーカイブ事業での調査に伺っていました。
大概のところは車を運転していくことが多いのですが、中津はさすがにちょっと遠いということで、今回は、電車組とは別に機材を載せた車で大阪南港からフェリーで行って参りました。乗ったのは名門大洋フェリーで新門司港に着く便です。

途中、写真の明石海峡大橋を通り過ぎ、明朝五時半に新門司到着です。実はもう1本後の8時頃に到着予定のフェリーに乗るつもりだったのですが、急遽欠航となってしまったためこの便になったのですが、自性寺様に向かうには少々早いということで、ほんのちょっと行き過ぎる事にはなるのですが、宇佐市にある宇佐神宮に朝参りに行くことにしました。
今までから一度お参りしたいとは思っておりましたが、今回、念願が叶ったことになります。

20190213-_MG_4352.jpg早朝なので、あまり参拝客もおられません。なおのことすがすがしい気持ちで鳥居をくぐりました。境内案内図の近くに、なにやら面白いポスターがあることに気がつきました。

20190213-_MG_4357.jpg

神仏習合の端を発したのがこの宇佐神宮というわけでしょうか。八幡様は八幡大菩薩として仏教でも崇拝の対象です。この宇佐神宮も八幡様をお祀りしていることから、早くから神仏習合となっていたお宮だったのでしょう。また、明治時代に神仏が分離される前は、正式には宇佐八幡宮弥勒寺と称していたとのこと。

20190213-_MG_4361.jpg

ちょうど巫女さんたちもご出勤時間ということで、私たちがゆっくりとお参りしていくのを、神社の方々に追い越されていくのでした。この鳥居をくぐって登っていくと上宮があり、この巫女さんたちは上宮へお勤めの方々。御礼をしているのは右にある下宮に向かってなのでした。なんとも美しい様子に出会えました。

20190213-_MG_4367.jpg

そしてこの階段を上りきると、ちょうど東の空から登った朝日で、なんとも神々しい景色にも出会えたのでした。
フェリーの中で眠ったとはいうものの、馴れない船内で熟睡できなかったヨダキイ(気だるいの大分弁)身体も、この空気と景観ですっきりしていきます。

20190213-_MG_4381.jpg

こちらは上宮本殿。左から一宮(八幡大神)、二宮(比賈大神)、三宮(神功皇后)となっておりますので、順番にお参り。
ここでは、二礼四拍手一礼という他の神社とは違う礼拝形式が古来よりあるようで、それに従い、4回かしわ手を打ちました。綺麗に鳴り響き、なにかいいことがありそうな気にさえなります。
じつはこの後ひいたおみくじでも「吉」が出ました。

20190213-_MG_4394.jpg

若宮さまと、下宮本殿にもお参りし、梅の花もほころぶ宇佐神宮を後にして、中津市へ向かったのでした。

 

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

教区部内の花園会員研修会

 

b_MG_4227.jpg

自坊は滋賀県にある妙心寺派の末寺なのですが、昨年より、所属する教区部内の檀家会である「花園会」の研修会というものが開催されるようになり、今年も去る2019年2月12日に東近江市の会場にて開催されました。

兼務寺院もいれて27ヶ寺ある部内寺院の呼びかけで200人以上の檀家様が一同に会され、開会式に引き続いて、まずは山田無文老師が作られてなじみの深い「生活信条」の奉読、そして椅子坐禅を行ないました。たった3分間ではありますが、会場内は静寂に包まれ、「一日一度は静かに坐って身体と呼吸と心を調え」られたのではないかと思います。

 

b_MG_4235.jpg

その後、第一部として登壇されたのは、ハッピーコミュニケーションクリエーターとして各地で講演を行なっておられる今尾昌子(マーサ)さん。「人生は観覧車のように…生きる」と題してのお話をされながらのピアノ弾き語りコンサートでした。ピアノを弾いての音楽活動もライフスタイルの一つのようで、それが面白いことに立ったままピアノを弾いて唱うことができるということで、力強い演奏ときれいな声で来場者を魅了していました。

来場者の年齢層もある程度高いために、それにあわせたような懐かしい歌も交え、またオリジナル曲も披露されましたが、聴いていると目頭が熱くなるようないい歌もありました。

b_MG_4257.jpg続いて第二部では、昨年の研修に引き続き、前禅文化研究所所長の西村惠信師による講演「人生を楽しく生きるには」。
自らの生い立ちと苦労話を交えながら、苦労をしたからこそ人生は楽しくなるのだという持論を展開され、また「人の生を受くるは難く、やがて死すべきものの、いま生命あるは有り難し」というお釈迦様の言葉を採り上げ、いかに私(あなた)の命が奇跡的なのかということを説かれました。
そして、何度も講演で説かれていますが、「人生をあといつまで生きられるのだろう」と考えるのではなく「残った人生で今が一番若いじゃないか」と発想の転換をし、そうすることで生き生きと生きる方がどれだけ楽しいか! という持論を話されたのでした。

b_20190210_124713.jpg

会場では、そんな西村師の著作を含む禅文化研究所の刊行物も販売しておりました。『禅語に学ぶ 生き方。死に方。』が人気でした。サインをしてもらって帰られる方もおられました。

by admin  at 09:37  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

第14回臨黄教化研究会「SNS社会におけるコミュニケーションを考える」

 

b_BKL8707.jpg

去る2019年2月7~8日と、花園大学教堂ならびに花園会館をお借りして、臨済宗黄檗宗連合各派合議所主催の「第14回 臨黄教化研究会」を開催しました。

今回のテーマは「SNS社会におけるコミュニケーションを考える」ということで、50名強の僧侶が全国各地から参加されました。

今回は基調講演としてお二方にご登壇いただきました。

一人目は「社会現象としてのソーシャルメディアを知りつくす」と題して、藤代裕之氏(法政大学社会学部メディア社会学科准教授)に、お二人目は「SNSを通して悩める衆生とどう向き合うか」と題して、井上広法師(hasunoha共同代表・浄土宗光琳寺副住職)にお話し頂きました。

b_BKL8710.jpg

藤代氏のお話は、専門の研究分野であることもあり、SNSの流れに沿ってその特徴などもお話し頂き、私達のような印刷媒体から情報を得て、今はスマホなどを使ってSNSを使っている世代と、現代の若者のように小さいときからスマホやタブレットを使ってSNSに触れてきた人間とは、SNSに流れてくる情報の見方が違うと。
つまり、印刷媒体を知っている我々は情報は探しに行くものだと思っているが、今の若者達は、溢れるほど流れてくる情報をどんどんスルーしていて、なにかふと目にとまったものを見るという感じだそうで、その若い人たちに宗教者はどうやって情報を伝達していくことができるかということを考えさせられる機会となりました。
また、SNSで人と人は常時繋がっているようでありながら、すでにそれはUnhappyなのではないか、繋がっているのに孤独であると考えてしまう人たちも増えています。それをどうやって本当の繋がりにしていけるか、もっというと、これからSNSとどう距離を取っていくかを、誘導していくことが我々僧侶においての課題となっているように受け止めました。

b_BKL8714.jpg

また井上広法師は、テレビ番組の「ぶっちゃけ寺」などでご覧になった方もおおいかと思いますが、hasunohaというサイトを立ち上げられています。このサイトは一般の人が投げかけた多種多様の質問を、お坊さん(宗派は問わない)が回答していくというサイトで、質問に対する回答率はほぼ100%で、すでに5万件以上の回答がされているという驚くべきサイトです。そのサイトの中での実例を挙げるなどして、悩める衆生をネット上で済度していこうとされているわけで、禅門の僧侶の本願である「下化衆生」そのものであろうかと思います。ただ、現状では臨済宗の僧侶は10人しか回答者に登録していないということで、色々な事情は想定されますが、そのあたりのこともこれから考えていかねばなりません。

このような講座の後、分科会では5つの班にわかれ、それぞれのテーマに沿って会議がなされました。

1班「寺院の活動にSNSをどう活用していくかⅠ」
2班「寺院の活動にSNSをどう活用していくかⅡ」
3班「寺院のホームページやブログの活用術」
4班「インターネットで起きる問題に仏教はどう対応するか」
5班「瞬時性とその問題点(著作権と肖像権を知っておく)」

二日目の最後には、これらの検討結果をそれぞれの班の代表者が発表し、閉会となりました。

SNSを若者たちと関係をつなぐ有効なツールとして、より敷居の低い繋がりを構築できるように、わかりやすいコンテンツを配信するなどしていき、そして、結果的にはネット上ではなく現実の人と人との繋がりにしていくということが、我々のするべきことなのではないかと思いました。

参加者だけではなく、宗門の皆さんもこういったことを考えていく機会をもつべきかと思いました。

※後日、臨済宗黄檗宗僧侶の方々には臨黄ネットの寺院用サイトにて講演の動画も公開いたしますので、どうぞご覧下さい。

by admin  at 09:25  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31