禅宗法式シンポジウム「お寺の原点をいかに記憶するか」

 

20190213.jpg

仏教にしろ神道にしろ、その仏事・神事を行なうためには、規式、つまり行ない方が細かく定められています。
臨済宗にももちろん法式(ほっしき)と言われる規式が決められていて、原則的にはそれに則って儀式法要を行なうのが常です。古くは『百丈清規』『禅苑清規』などといった法式を定めた書物も中国から伝わり、日本でも江戸時代に『小叢林略清規』という清規本が残っています。
弊所から発売している『江湖法式梵唄抄』などもこういった法式を学ぶためのガイドブックです。

このたび、花園大学国際禅学研究所で、下記のような禅宗法式のシンポジウムが開催されます。禅宗僧侶はもちろん、一般の方でも受講頂けるとのことですので、興味のある方はご参加されてはいかがでしょうか。

 

 


 

2019年2月13日(水)に、花園大学の教堂におきまして臨済宗妙心寺派教化センターと曹洞宗総合研究センター、花園大学国際禅学研究所の共催で禅宗法式シンポジウムを開催いたします。
詳細は下記のとおりでございます。

禅宗法式シンポジウム「お寺の原点をいかに記憶するか」
  臨済宗の開山正当忌と曹洞宗の開山報恩法要を考える

■ 日 時
2019年2月13日(水) 13時~15時10分
(12時30分 開場)

■ 会 場
花園大学 教堂
京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1
キャンパスマップ

■ 次 第(敬称略)
13:00~13:30
「開山忌の伝来とその展開」
尾崎 正善(曹洞宗総合研究センター講師・鶴見大学非常勤講師・曹洞宗瀬谷山徳善寺住職)

13:30~14:00
「臨済宗の開山正当忌」
吹田 良忠(臨済宗妙心寺派法務部長・妙心寺古文化副所長・大本山妙心寺塔頭慧照院住職)

14:00~14:30
「曹洞宗の開山報恩法要」
井上 義臣(大本山永平寺名古屋別院監院・室内住職学研究会 滴禅会代表・曹洞宗松鷲山花井寺住職)

(10分休憩)

14:40~15:10
総合討論

■ 司 会
野口 善敬(臨済宗妙心寺派教学部長・臨済宗妙心寺派教化センター所長・花園大学国際禅学研究所所長・臨済宗妙心寺派潮音山長性寺住職)

■ 共 催
臨済宗妙心寺派教化センター・花園大学国際禅学研究所・曹洞宗総合研究センター

■ 協 力
妙心寺古文化研究所・禅文化研究所・曹洞宗岐阜県青年会

■ 定 員
120名

■ 会 費
無料

参加をご希望の方は、国際禅学研究所へお申し込み下さい。
■ 申込先
花園大学国際禅学研究所
電話:075(823)0585
Fax: 075 (279) 3641
メール

また下記サイトもご参照ください。
http://iriz.hanazono.ac.jp/event/hosshiki.html

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

コハクチョウの飛ぶ琵琶湖の湖北へ

 

b_190116_臘梅.jpg

もうはや小正月1月15日、小豆がゆを食べて邪気を払う風習がありますが、皆さんは食べましたか? すでに今年も1/24が過ぎてしまいましたね。お正月気分ももう完全におしまいです。自坊の正月飾りも近所の神社の左義長で焼いて頂きました。

昨日は成人の日でしたね。多くの自治体はその前日の13日(日)に成人式をしていたようですが、両日共にいいお天気で、文字通り晴れ晴れしい日となったことでしょう。臘梅もいい香りをさせて青空に映えていました。

b_190116_スギゴケ.jpg

ただ日曜日の朝は霜が降りて寒い朝でした。自坊の回りでも霜が朝日に照らされキラキラと光ってきれいでした。スギゴケも近くでみるとこんな感じです。ちまたには苔マニアがおられますが、こういうのが愛おしいんでしょうね。

さて、琵琶湖の湖北の方にいくと、この時期にはコハクチョウがたくさん飛来しています。とくに夕方ともなると、湖西に沈む夕陽と相まって、コハクチョウを目当てにカメラを持って撮影に来られている方も多いのですが、一昨日、私もその中に交じってきました。

b_190116_コハクチョウ2.jpg

 

b_190116_コハクチョウ1.jpg

如何でしょうか。100枚近く撮影した中で、うまく撮れたなと思うのはほんの数枚。写真を撮っていなくても、この景色を観ているだけで日本の美を感じることができます。場所は、湖北野鳥センターの湖北水鳥公園です。となりに「道の駅 湖北水取りステーション」があるので、車を止めることもできます。立ち寄ってみられては如何でしょうか。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

承天閣美術館「温故礼讃」展

 

温故来讃.jpg

昨日はとても冷え込んだ朝でした。あぜ道に氷が張っていて、自転車のタイヤでそれを踏みつけながら出勤しました。

こんな寒いと出歩くのもおっくうになるかもしれませんが、大本山相国寺の承天閣美術館で「温故礼讃」展のⅡ期が、来たる1月13日(日)から開催されますので、お出かけになっては如何でしょうか。

足利将軍家によって創建された相国寺ならではの、足利家御用絵師による室町時代の水墨画をはじめ、当時から守り継がれてきた相国寺や金閣寺の寺宝を存分に楽しめます。

室町時代のいわゆる京都五山で育まれた五山文化と、少し異なる独自の文化を構築した相国寺の寺宝をじっくりご覧下さい。

onkoraisan2018_02L.jpg

 

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

『ナムカラタンノーの世界』『禅門陀羅尼の世界』復刊

 

b_ナムカラタンノーの世界(オンデマンド版).jpg

長らく絶版品切れとなっていた陀羅尼シリーズの二冊を、このたび、オンデマンド印刷で並製本化して復刊いたします。少部数印刷のため、若干の価格アップとなってしまいましたが、復刊を希望されていた方々には喉から手が出るのではないかと思われます。

まずは、『ナムカラタンノーの世界』(オンデマンド版)。禅宗寺院で日常的に読誦される「大悲呪」。その「大悲呪」とは、どのようなお経なのか? なぜ、唱えるのか? そのご利益とは?「大悲呪」が載る『千手経』を読みながら、「大悲呪」のさまざまな疑問に答える、禅宗僧侶必携の一書となっています。

b_禅門陀羅尼の世界(オンデマンド版).jpg

もう一冊は、『禅門陀羅尼の世界』(オンデマンド版)。『ナムカラタンノーの世界』で扱った「大悲呪」と、同じく姉妹書『開甘露門の世界』であつかう「開甘露門」以外の陀羅尼、つまり、「楞厳呪」「仏頂尊勝陀羅尼」「消災呪」「却温神呪」を網羅し、各経典に口語訳、解題、訳注を施したものです。禅宗僧侶には無論のこと、仏教をもう一歩深く学びたい人々には必ずや安穏への秘鍵となるはず。

ご注文はオンラインショップからどうぞ。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

あけましておめでとうございます

 

b_MG_3664.jpg

新年、あけましておめでとうございます。平成最後の年の幕開けですね。
年末には雪が舞い、京都でも少し積もったようでしたが、元旦は快晴で、今年はいい年になるのではないかという気持ちになりました。自然災害は我々の手で防ぐ手立てがないとはいえ、できれば、平穏であって欲しいと思い、私も自坊で正月3ヶ日の修正会(ご祈祷)をさせていただきました。
皆さんは、どんな年末年始をお過ごしになったでしょうか。

さて、禅文化研究所は本日より仕事始めとさせていただきます。
年末年始にお寄せいただいたご注文も、本日より発送をさせていただきますので、お待たせいたしますが、しばらくお待ち下さい。

本ブログも、基本的には隔日で発信していきたいと思っておりますが、多少のお見逃しをいただければと、新年から気弱なことでございますが、よろしくお願いいたします。

by admin  at 08:50  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31