百寿のお婆さん逝く

 

b_MG_3575.jpg

先日、自坊の檀家さんの中で最長老、町内でも最長老であったK婆さんが、享年百で逝去されました。このお正月に数えで100を数えられ、まだまだ長生きして頂きたいと新年総会で話したばかりだったのに、まことに残念なことです。
結婚して2児をもうけ、下の男の子(このたびの喪主)がようやく1歳を迎えたばかりの30歳すぎの頃に、檀那さんが事故で亡くなってしまった。それからというもの、女で一つで苦労に苦労を重ねてこられた人なのです。

戦後直後で、世の中も疲弊しているところ、二人の子供を育てるのは容易ではなかったことは想像できます。喪主さんが成人してから母から聞いたと仰るには、自分たち幼い子供二人の手を引いて近くにある国鉄の踏切まで何度も行ったと。一緒に死のうと思ったのだそうです。それでも亡くなった夫の血を引いてくれた子供達にそんなことはできないと踏みとどまり、立派に育て上げられたのです。

私はそんなご苦労は知るよしもなかったのですが、ともかく信心深いお婆さんで、お参りにいっても、般若心経はもとより、観音経でも一緒にお勤めされるような方でした。そして、晩年になって、足腰が多少不自由になってきても、毎日、老人用の手押し車を押して神社や自坊に手を合わされました。

耳が遠かったので、自然と声が大きくなり、神社でお参りされている声が神社の隣のうちの境内まで聞こえてきます。
「今日まで家族を無事に過ごさせて下さりありがとうございました」と。そして「なにとぞこれからもよろしくお願いします」と。

聞こえてくる声に、「ああ、またあんな大きな声で……」と微笑ましく思っていたのですが、考えてみれば、若くして未亡人になり苦労の絶えなかったKさんにとっては、心からほとばしり出る感謝の気持ちだったに違いないのです。

そんなKさんのお葬式の前日、喪主である息子さん、といってももう七十歳ですが、自坊に用事があってお越しになった時に私に、「うちで遺体となった母の顔を見るたびに泣けてくるので、お葬式のあとの挨拶、嗚咽してしまうかもしれないけど、堪忍してや」と仰っていました。「百寿の大往生なんだから、ニコニコと送ってあげましょうよ」と返しておりました。

そしてお葬式当日。私は導師として引導の中で、神社やお寺に手を合わせて家族の無事を祈り、家族の将来をお祈りされていたことを、Kさんの生き様としてお唱えしたのですが、その時に遺影を見て、まざまざとその姿が浮かび上がってきてしまい、私が泣けてきてなんどか引導に詰まってしまいました。それでもなんとか終えたのですが、葬儀の最後の喪主さんは、泣くこともなく、母の思い出話も交えながら上手にご挨拶をされました。

あとで聞いたところ、遺影を見たら泣けてくるので、お通夜の時からずっと遺影から目をそらして母の顔をみないようにしていたとのこと。この遺影たるや、生前のKさんのにこやかなとてもいい写真なので、肉親にしてみたらなおのことです。

天寿を全うされおめでたいとも言うべきお葬式ながら、やはり大事な人を亡くすということはこれほどに悲しいことなんだなと改めて実感した次第です。親の恩にあらためて感謝しなければならないですね。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (2)  | Trackbacks (0)

季刊「禅文化」255号発刊のお知らせ

K255_幅261.jpg

500年間出といわれる白隠を大悟に導いた「正受老人」こと道鏡慧端(1642~1721)。慢心する白隠を坂から蹴落とすなど厳しい鉗鎚で知られるとおり、まずは「厳格」「清貧」などの言葉を連想させる禅匠です。

ところが、遺された偈頌を読むと、少し意外な側面を知ることもできるのです。たとえば、ある夫婦の死別に際しては優しい言葉で当事者に寄り添われていますし、時には、到来物のお酒に思わず頬が緩んでしまうなんていうこともおありだったよう。

深い情愛と人間味にあふれたお方だったのでしょう。正受老人は時を超えて慕われ続け、地元飯山(長野県)では、いまや「ふるさと教育の柱」のひとつとして、大人から子供まで多くの方に親しまれておられます。

三百年遠諱を控えたいま、そんな正受老人の魅力に再び触れてみませんか。師の遺された言葉、史料に残る逸話などをもとに、有縁の老師や先生方にご執筆いただきました。正受老人が生涯暮らされた飯山の地と、正受庵再興の歴史についても詳細な論稿の掲載が叶っております(ここまで詳しく纏めた論はほかにあまりないのではと思います)。飯山にも思いを馳せつつ、最新号をお手に取っていただけましたら幸いに存じます。

詳細は下記https://www.zenbunka.or.jp/pub_etc/pub/entry/_255.htmlをご高覧くださいませ。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

今年は臘梅も早咲き

 

b_MG_3306.jpg

今年はほんとに暖冬で、全国的に降雪が少ないですね。自坊のあたりも例年ならすでに何度か雪が舞ったり積もったりしているのですが、今年はまだ一度も見ていません。

そうして庭木をみていると既に臘梅も満開になっていたり、蕗のとうが出てきてたり、水仙も沢山咲いていたりして、さらには、すでに花粉も飛び始めているようで、花粉アレルギーの私はすでにぐずぐずいい始めているといった具合。

やはり寒いときにはしっかり寒くなってくれないと、どうも身体の調子が狂ってしまいそうな気がします。毎年楽しみにしているスキーにも行けないかも知れません。

さて、去年5月に「なんじゃもんじゃの木」があると紹介した沙沙貴神社(滋賀県近江八幡市)。いま、この神社にはあちこちに臘梅をはじめ色々な幅が咲いていて、いい香りを漂わせています。

b_MG_3314.jpg

 

_MG_3295.jpg

 

b_MG_3307.jpg

 

それから、長浜市では例年開かれている盆梅展も始まっていました。まだちょっと咲き始めたところではありますが、古木を含めいろいろな梅があって楽しめますよ。

20200118_142305.jpg「第69回 長浜盆梅展」 2020/1/10~3/10 JR長浜駅近くです。近くに駐車場もあります。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

東京国立博物館の総合文化展

 

20200116_155613.jpg

先週、東京出張がありました。本件がはやく終わったので、上野にある東京国立博物館の総合文化展に行って参りました。

特別公開「高御座と御帳台」の方は平日にもかかわらず60~90分待ちの様子でしたが、総合文化展の方は待ち時間などなく、人もすくなくゆっくりと自分の興味のある展観を観ることができます。
それに、特に撮影禁止となっているもの以外は、写真を撮ることも可能なのが魅力。興味のあるものを撮って帰って、改めて楽しむこともできます。

20200116_145028.jpg

たとえば、あいにく往路に新富士あたりから臨んだ富士山は、あつい雲に覆われていてみえなかったのですが、総合文化展ではいくつかの富士山を拝むことができました。そのうちの一つがこちら。狩野探幽筆の「富士・美保・清見寺図」です。

20200116_140922.jpg

それから、重要美術品に指定されている雪村周継筆の「鷹山水図屏風」(室町時代/六曲一双)が展示されていて、豪快な筆致で、射るような鷹の目や、逃げる雁のユニークな顔つき、隠し絵のように描かれている兎など、目の魔に置かれていたソファに腰掛けてじっくり楽しむこともできました。雪村といえば、戦国時代を生きた奇想の画家といわれる水墨画僧です。

ちょうどこの屏風について、東京芸術大学大学院のインターンによるギャラリートークもありましたので聞いてきました。描かれているものについてや、左右から中央に向けて水の流れや木々の配置が施されていることなど、美術的な説明を15分ほどかけてしてくれました。
禅僧でもある雪村が描いているのだから、本来はここにはもっと禅的なとらえ方もあるはずなのですが、もちろんそういった話は一切なく、さすがに美大のインターンにそこまで求めるのは酷というものですね。

 

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

肩こりに......

 

20200114_121059.jpgいきなり、足なんかの写真で申し訳ありません。

研究所では、ほぼ一日中、パソコンに向かってキーを打っていたり、ゲラ刷りを読んで校正に当たっていたりするせいか、肩こりがひどくて、月に一度くらい整体に通ってしまう私です。さらにじつは最近、いわゆる五十肩に苦しんでおります。

肩が凝ったなぁ~と思うときにやっているのが、この写真なのです。何をしているかというと、足の甲に百均で打っているサポーターを付けているのですが、じつによく、肩こりに効くんですよ。
足の甲には若干の拘束感があり、それが肩に効いてる感じさえします。

これは、樺島勝徳師に指南されたもので、季刊『禅文化』234号に掲載した「和尚さんの身体講座 (四十三) 頸腕症候群や五十肩治療の超絶技巧」という記事にあった方法。この記事にはこうあります。

足の五本指の付け根にある中足骨の部位をサポーターで軽く締める。一日数時間、両足の中足骨を軽く締めたままごく普通に生活する。これだけである。何の智恵も要らない。感性も努力も要らない。しかもこの方法は腰痛から肩の痛み、五十肩、腕のしびれなど、何にでも効く。偏頭痛に効くときもある。サポーターは、百円ショップで売られている左右セットの手首用がいい。L・M・Sの大きさで売られているのも都合がいい。何にでも効くが効かないときでも百円の損失で収まるのもいい。

というわけです。

この方法については記載されていないですが、樺島先生の本、研究所から2冊出しております。身体にまつわるいろんな豆知識が満載です。

978488182250.jpg

『プチうつ 禅セラピー』定価:本体1,300円(税別)

 

 

20200116イヤイヤきたえる健康法.jpg『イヤイヤきたえる健康法』定価:本体1,800円(税別)

 

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29