三島龍澤寺へ

 

2019-03-16-10.32.23.jpg

少しくブログ更新できずにおりました。花粉症がきついのかと思っていたら、高熱が出て珍しく3日間も寝込んでしまいました。
その熱が出る前に出向いたのが、三島市にある龍澤僧堂。このブログでも何度も書いておりますね。

今回は、昨年春から弟子が龍澤僧堂に掛搭して修行中なので、ご挨拶に伺うのが一つ。それからこの機会に檀家さんを引き連れて六月に団参をさせていただこうと思っているので、そのお願いも兼ねて松華室後藤榮山老師にご挨拶に伺ったのでした。

かすんでいたので、拝むことは無理かなと思っていた霊峰富士もうっすら見えて、暖かい静岡県。駿河湾もきれいに見えました。

2019-03-16-16.28.jpg

龍澤寺は現在、雲水6名とのこと。自分も在錫していたので、境内を含む山をこの人数で掃除するだけでも大変です。
到着したときには方丈で法事をしている様子。どうやら弟子が維那をしているようで声も聞こえて安心しました。
全国には約40ヶ寺の専門僧堂がありますが、少子高齢化の世の中で雲水も少なく、多くの僧堂は人少で苦労されている様子です。

2019-03-16-13.57.jpg

後藤榮山老師はたしかもう90歳かというお歳なのに、明快で矍鑠とされお元気そうでした。毎日若い雲水と生活されているとボンヤリなどしておられないのでしょうね。この老師に弟子をお預けしてよかったと改めて思い、もう梅の花も終わってしまっている龍澤寺をあとにしたのでした。

by admin  at 08:45  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

誠拙周樗展のお知らせ

 

Seisetu-P.jpg

以前、誠拙周樗禅師の200年遠諱がこの4月にあり、それにむけて遺墨集を作成中であるとこのブログ禅で書きました

そしてまた、その遠諱のある頃、来たる4月2日より6月15日に、花園大学歴史博物館にて、2019春季企画展「大用国師200年遠諱記念 誠拙周樗-鎌倉禅中興の祖-」展を、大本山円覚寺、花園大学歴史博物館、禅文化研究所の主催で開催いたします。

当時、衰退していた鎌倉禅を使命をうけて再興された誠拙周樗禅師。円覚僧堂の開単にはじまり、鎌倉ばかりではなく、八王子の廣園僧堂(南禅寺派)、京都の相国僧堂(相国寺派)と天龍僧堂(天龍寺派)の僧堂開単もされた、今風にいうと凄腕の禅僧です。

残された遺墨は数多く、私達が実際に調査したものだけでも180点。所蔵を確認できているものは440点以上にのぼります。これはほとんどが寺院ですので、一般の方でご所蔵のものもかなり多くあろうかと思います。

ともかくも、調査した180点の中から、鎌倉を中心とした関東、京都、愛媛から、厳選した80点を出陳いただき、前期後期の2回にわけて展観します。

是非、この展覧会にもお運びいただければ幸いです。

会期中に下記の通り、2度の公開講演会も実施します。それにあわせてご来場もお待ちしております。

■2019年4月23日(火) 13:00~14:30 
   「誠拙周樗禅師の鎌倉における禅の中興」舘 隆志 氏(花園大学国際禅学研究所研究員)
■2019年5月13日(月) 13:00~14:30
   「大用国師を慕いて」横田 南嶺 老師(臨済宗円覚寺派管長・花園大学総長)
by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋

 

20190307165609.jpgのサムネール画像

来たる2019/3/21~5/19に、滋賀県のMiho Museumにて、京都紫野の大本山大徳寺塔頭龍光院の宝物を一挙に公開される、「大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋」展が開催されます。

龍光院は、黒田長政が、その父黒田官兵衛の菩提を弔うために、江月宗玩を開山にして開創されたお寺です。江月宗玩は、堺の豪商であり茶人としても知られる津田宗及の息子ですので、茶道との繋がりも強く、龍光院は当時の文化人が集うお寺でした。

そして、大坂夏の陣をくぐりぬけて、津田宗及の所有していた逸品が龍光院に寄進されており、現在まで歴代の住職が粛々と守り続けてこられた宝物が遺されています。

実は、私が研究所に入ってそう長くない頃、龍光院さまより依頼を受けて、こういった宝物の写真撮影にプロのカメラマンとともに龍光院に通い詰めた10日間ほどがありました。当時は私も青二才で、これらがどれほど重要なものなのかもあまり解っておらず、それでも蔵で大事にされている書画などを丁寧に運び出しては撮影補助をするということをしていた記憶があります。あのとき、もっとじっくり見ておけばよかったのにと今さらながら思う次第。
研究所では今はデジタルアーカイブス事業として宝物調査を行なっていますが、当時はフィルムでの撮影でした。今、その時のポジフィルムを大切に保管しています。

この機会に展覧会を訪ねて、今一度、あの宝物に対面してこようと思っているところです。皆さんも如何でしょうか。こんな機会は初めてですよ。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

大般若祈祷会

 

b_MG_4527.jpg

今日は3月11日。いうまでもなく、東日本大震災のあった日。テレビやラジオを聞いていると、先日から、関連した番組やニュースを流していますね。福島の原発の処理も含め、まだまだ収束には到っていないことをひしひしと感じるところです。

禅寺ではお正月に行なっておられるのが修正会というご祈祷。そして善月つまり、正月3月9月に行なわれる祈祷会として善月祈祷会ということも法要としてあり、いずれも大般若経の転読を行なうのですが、自坊の教区では、慣例的に正月の祈祷会を3月に行なっています。
おそらく、1月には雪が多かったこともあり、今のように自動車もあるわけではなかったので、温かくなる三月に行なうことに当時の住職達が相談して変えたようです。
というわけで、一昨日は自坊の大般若祈祷会でした。近隣の和尚方が集まってこられ、大きな声で大般若経六百巻の転読を勤め、天下安全、五穀豊穣をお祈りするのです。
しかし特に今年のように温かいと、また1月にやるように改めるのもいいかもしれないと集まった和尚さんたちの声も出ていました。

さて、もちろん八年前にも自坊はもちろんのこと、各地のお寺でお正月からこういったご祈祷をしていましたが、それでもあんな大震災がおきてしまいました。これは仕方のないこと。どれほど祈っても自然の力には敵いません。悲しいことですが、それでも私達人間には、祈るということしかできないのですね。

ところで、今年から、自坊の大般若経六百巻の函が新しくなりました。長年の使用で痛んでしまっていたので、昨年、檀家さんが寄進を申し出ていただき、きれいな桐の函になり、この度、初お目見えなのでした。

b_MG_4530.jpg今年は大きな災害や戦争がありませんように。五穀豊穣、世界の人たちに恵まれますように。

by admin  at 08:40  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

研究所の花 2019/3

 

花粉きついですね。

私を含め杉花粉アレルギーの方には、辛い日々が始まってしまいました。今年は1月末くらいから、「あ、きたな」と感じており、市販薬を飲み始めましたが、先般の方広寺晋山式の日から完全にヒットしまして、ちょっと外に出ただけで、目は痒くて鼻水は出て、内部が痛いといった状況。ひどいときは頭痛もしますし、顔の肌までヒリヒリします。
花粉症でない方にとってみたらわからない話でしょうが、なんか、ずっと風邪を引いているような感じで辛いんです。

しかしながら、これも春になったということ。冬枯れの庭にも少しずつ花が顔を見せています。もちろん梅も満開ですが、今朝は久しぶりにお花係のブログ記事とさせてもらいます。

b_BKL9173.jpg

紫のクリスマスローズと橙色の小さな草花とユキヤナギを組み合わせて玄関に生けさせてもらいました。この橙色の草花、朝にしか花を開かないんですが、なんていう名前でしたか失念してしまいました。

b_BKL9174.jpg

応接室にも同じだいだいの草花とともに、ヒメリュウキンカ、そしてふきのとうの伸びたもの。とても春らしい感じです。その横にある無文老師の遺影には、

b_BKL9175.jpg

ネコヤナギとクリスマスローズ、そしてカズラ。詳しい名前は知りません。

廊下にも花瓶を置いています。こちらもカズラとヒメリュウキンカです。

b_BKL9176.jpg春らしい花は元気が出てきますね。

 

 

by admin  at 09:03  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31