『禅文化』最新号、禅と他宗教の対談特集です。

 

20180727_k249.jpg

季刊『禅文化』249号が、発刊されています。

今回は「禅宗」という枠にとらわれず、「禅と他宗教に通底するもの」をテーマとした対談特集としています。禅宗の側から先方をお訪ねする形で、お二人の老師と他宗教のご指導者にご対面いただきました。

180727_blog1.jpg『禅文化』249号より

 

対談1本目は、大乗僧堂・河野徹山老師と、本年創建1250年の節目を迎えた春日大社・花山院弘匡(ひろただ)宮司によるお話です。ご神気に満ちた境内で、「日本人の心(気質)と神仏習合の関係」についてじっくり語らっていただきました。二年前に行なわれた式年造替にまつわる祭祀の詳細、またその際の心持ちは、なかなかお伺いできない貴重なお話かと思います。果たして神職の方々のそれは、摂心に臨む禅僧方と同じなのでしょうか?

 

180727_blog2.jpg2本目は、圓福僧堂・政道徳門老師と、34歳で千日回峰行を満行された北嶺大行満・光永圓道大阿闍梨の語らい。阿闍梨様のご案内で実際に行者道を歩きながらのお話は、何と6時間近くにも及びました。実は、光永阿闍梨は花園大学の仏教学科ご出身で、禅の世界についてもよくご存じでいらっしゃいます。共に40代前半とお歳も近いお二人、さてどんなお話が飛び出したのでしょうか。

それぞれがご自分の道を深く極めていらっしゃる指導者同士の対談。話のスピード、回転の速さには圧倒されました。宗教には、区別はあれどそれだけ通じ合う部分がたくさんあるのだなと思いながら編集に勤しみました。

新連載は2本。「民俗学から見る仏教行事」と「精進料理」がテーマです。
初回は、お祝い事と葬送の儀礼には意外なほどに共通点があることを民俗学者の明珍健二先生ご紹介いただきました。精進料理については、今回は精進料理周辺の諸問題を皆さまと共に考えたいと思います。ご執筆は、精進料理研究家の高梨尚之先生です。

詳しくはこちらにて。よろしくお願い申し上げます。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (2)  | Trackbacks (0)

人気のベンチ

 

blog_MG_9567.jpg

こちらは、琵琶湖岸。彦根市のとある場所です。
最近、SNSなどで琵琶湖岸で一番写真映えするベンチと人気なのです。しかし、民家が近くにある普通の場所なので、精確な場所をSNSで流すなどすると、ものすごく人が増えて近隣にご迷惑を掛けるというような話も合ったりして、暗黙の了解でシークレットスポットとなっています。

じつはここ、自坊から車で約10分。知ってはいたのですが、最近はあまり通らないところなので、こんなに人気になっているとは思いもしませんでした。

今、通っている写真教室の宿題で、次回は「影」をテーマにした宿題を提出せねばならないこともあり、それではと、朝6時過ぎに出向いたのでした。

誰も居ないので、しめしめとあれやこれや撮っていたところ、一台の軽自動車が停まり、女性が一人スマホをもって降りてきました。譲り合いの精神で、しばらく様子を見ていたのですが、よければモデルになってもらえませんかと、お願いしてベンチに腰掛けて貰いました。

blog_MG_9563.jpgすでに気温は30度近かったと思いますが、涼しげな写真ができました。
先日、日本写真家協会(JPS)主催の「写真の著作権がわかれば肖像権なんか怖くない」というセミナーを聴講してきました。なので、ご本人にも、「写真を勉強しているんですが、よかったらお願いします」と、モデルになってもらうことを了解いただき、ブログや写真発表で公開させていただくこともお願いしたのでした。
この女性の話によると、前に夕方に来たらたくさんの人がきていたとのことで、朝に出直してきたそうなのです。確かに夕方には琵琶湖の向こうの比良山系に夕陽が落ちていくので、これまた絶景なのでしょう。

その後も、少し撮影していたら、すぐ目の前のお家の方が車を車庫から出されるところでした。「お邪魔しています。なんかすごく有名になったみたいでたくさん来られているようですね」と声をかけたら、「そうなんですよ。どうぞごゆっくりお楽しみください」と優しいお言葉をいただき少し安心しました。

誰かが映り込むような写真を撮るときには、声をかけることが大事だ、コミュニケーションがないと、肖像権の主張だとか、ややこしい問題に発展してしまう、と前述のセミナーでも結論づけられていました。

SNS大流行の現代です。マナーを守っていい写真を残しましょう。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (2)  | Trackbacks (0)

理事長の就退任ご挨拶

このたび、禅文化研究所理事の任期満了につき、理事長ならびに一部理事の交代がありました。
理事長は、大分・万寿僧堂師家の佐々木道一老師が退任し、新たに埼玉・平林僧堂の松竹寛山老師が就任しました。

新役員につきましては、「組織案内」-「役員」をご覧下さい。

今後とも、禅文化研究所の諸事業にご理解とご協力の程、お願い申し上げます。

 


 

謹啓 時下火雲作峰の候 貴台愈々ご清福の段 大慶に存じ上げます
陳者 今般前任の後をうけ理事長に就任いたすことになりました
もとより浅学非才 微力ではございますが 運営に精進努力する所存でございます
何卒 格別のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます
略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます

敬白

 平成三十年七月

公益財団法人禅文化研究所
理事長  松竹寛山

 


謹啓 時下三伏極炎の候 貴台愈々ご清祥の段 大慶に存じ上げます
陳者 今般禅文化研究所の役職を退任いたしました
在任中は公私ともに格別のご厚情とご支援を賜りましたこと 衷心より厚く御礼申し上げます 退任後も禅文化研究所発展のため 支援したいと存じます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます

敬白

 平成三十年七月

公益財団法人禅文化研究所
理事長  佐々木道一

by admin  at 08:53  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

滋賀の里山「八幡山」

 

blog_MG_9489.jpg

先般も書きましたとおり、8月の富士山を目指しているために、先日もまた、近くの里山登山に臨んできました。

めざすは近江八幡市にある「八幡山」。近頃はとても有名になったお菓子の「たねや」のラ・コリーナが麓にある山で、羽柴秀次の居城、八幡山城があった標高283mの小さな山です。登山口には日牟禮八幡宮があり、こちらはお正月の「左義長祭」(国の選択無形民俗文化財)が有名です。

各地で猛暑日が報告される日曜日の朝7時に神社前に集合。

blog_2018-07-15-07.27.34.jpg

この山には日牟禮八幡宮の隣から頂上までロープウェイがあり、毎時4本の往復があります。もちろん私達はそちらには目もくれず、神社の境内を通ってその右手にある登山口から、木立の中を黙々と登ること40分。頂上に到着です。

本丸跡には村雲門跡瑞龍寺(真言宗)があり、このお寺は秀次の母・豊臣秀吉の姉の日秀尼が開基されています。京都にあったのですが、昭和38年にこちらに移築されたもので、村雲御所と言われています。先々住職の13世・日凰尼は宝塚歌劇団出身の美しい尼僧だったことを私も子供の頃から聞かされていました。

さて、瑞龍寺の北側にある北の丸跡からは、西の方には西国観音霊場の長命寺がある長命寺山や琵琶湖、そして比良山系が望め、北側に目を転じると下の写真のように安土城のあった安土山やその下にある西の湖(琵琶湖の内湖)が望めました。

blog_MG_9502.jpgすがすがしい景色を拝んで、涼しい内に……といってもすでに暑くて大汗をかいていましたが、20分で下山。気軽に登れる滋賀の里山です。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

新刊『ランカーに入る』

 

ランカーに入る.jpg

それにしても猛暑。京都では連日38度台です。各地で熱中症による死亡者も出ています。自坊の閑栖和尚も、「寝ているときにエアコンなどいらない、電気代がもったいない」などと申しておりましたが、こんな暑い夜にそんなこと言っている場合ではないとエアコンを入れてやりましたら、翌朝、「すごく快適だった、今まで朝が辛かったのは、このせいだったのか」と。暑すぎると血管がドロドロと血流も悪くなります。どうか皆さんも充分お気を付け下さい。

豪雨の被災地で復旧にあたられている皆さんも、どうぞ無理のないようにお願いします。

さて、今月末に発刊する新刊『ランカーに入る ―すべてのブッダの教えの核心―』のお知らせです。

禅で大切なことの一つに菩薩行があります。この菩薩行のことを初期仏教で説かれているのが『楞伽経』なのです。

『楞伽経』には四巻本、十巻本、七巻本の三種があり、初期の禅宗ではこのうち四巻本楞伽経を所依の経典とし、達摩大師は慧可にこの四巻本を以てその心要であると伝え、日本の禅門でも最も読まれたのがこの四巻本なのです。

そして、この『楞伽経』の主題は「心意識を離れた自覚聖智を証得せよ」ということなのです。
西暦435年、インドの三蔵法師グナバドラがランカー島から『楞伽経』の梵語原本を中国南朝宋に齎(もたら)し、その後443年に漢訳されたものの写本が『大正新脩大蔵経』第16巻に収められています。しかし、その梵語原本は、南北朝時代(1336-1392)にすでに失せられてしまっていたことを知らなかった虎関師錬禅師(1278~1346)は、『仏語心論』の中で、直接梵文に接することができないことを嘆いておられます。
この漢訳を基にして、失われてしまっていた梵文テキストの復元を試みてきた、花園大学名誉教授の常盤義伸先生を中心とする禅文化研究所楞伽経研究会では、復元梵文の確認とその日本語訳の作成、また漢文の訓読を進めてこられました。そのうちの梵文復元と日本語訳を定稿した成果が本書なのです。

禅の心要とされたこの『楞伽経』。日本語訳でその内容を知ることもでき、また研究者にはその復元梵文も、貴重な研究資料となることでしょう。

発売は平成30年7月30日。お求めはこちらからどうぞ

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30