『禅堂生活』鈴木大拙著 -岩波文庫



160527.jpg先にもご紹介させていただきましたが、本年は鈴木大拙先生の没後50年という節目の年です。
出版や講演会など、様々な企画が各地にて開催される事と存じますが、このたび、先生の英文著書『The Training of the Zen Buddhist Monk』の邦訳である『禅堂生活』が、装い新たに岩波文庫より文庫本として発刊されました。


今回はさらに、「僧堂教育論」ほか、大拙先生とゆかりある円覚寺の老師方に関する随想など五篇が収められ、巻末には円覚寺派管長・横田南嶺老師が解説を、駒澤大学教授・小川隆先生が解題をご執筆なさっておられます。
  
160527-1.jpg弊所の『雲水日記』は読みやすいのが特徴で、画・一枚につき、禅堂の生活の一コマを平易な文章でご紹介しております。

それに飽き足らない方は、大拙先生の『禅堂生活』を是非。
おおもととなるのは、大拙先生が通われた円覚僧堂の事だそうですが、中国の禅籍の知識を自在に行き来され引用、さらに深い精神性を垣間見られる事でしょう。
挿絵は妙心僧堂がモデルだそうで、東慶寺男僧三世・佐藤禅忠和尚によるもの。洒脱な印象が好ましく、興味深く眺めております。特に第三十二図 坐禅儀。坐禅をされているお姿を、衣が透けるように描かれた画などは、“坐禅腹”を拝見し、「なるほど」と思ったり……。


「禅堂教育論」には非常に厳しい事が書かれています。
当時の大拙先生が「今は昔と違って…」などと書かれているのを拝読するだに、それでは現在はどうなるのだろう?と思うわけですが、どの分野、世界においても、その時代に見合った突き抜けられた方というのが、同じパーセンテージ存在するものではなかろうか……とも思うのでした。
大拙先生がご存命当時の老師方を、私は実際には存じませんのでわかりませんが……。

*写真は『相貌と風貌-鈴木大拙写真集』より

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

今週の花


160526-1.jpgそろそろ5月も終盤。
“水”にまつわる花々が揃いはじめました。
カラーに紫露草、菖蒲に紫陽花。
毎年巡ってくるものながら、そのたびに日本の豊かな季節の移ろいに感動してしまいます。

160526-2.jpg160526-3.jpg

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

僧侶限定ヨガ講座・お墓の法律講座のおしらせ



160525-1.jpgおはようございます。

遠諱事業の一環、京都国立博物館の展覧会と、禅寺一斉拝観が終わり、少し落ち着きましたところで、今度は先日より度々ごあんないしております、サンガセミナーにつきまして。
 
僧侶の皆さんの技能や知識向上という目的、また、禅に関心ある一般の方におこしいただけるような講座を開催しております。まずは6月開催予定の講座をごあんないします。

6月14日(火)
○僧侶限定ヨガ講座10時~12時
○お墓の法律講座13時~15時
受講料 各4,000円



【僧侶限定ヨガ講座】 講師・伊藤加奈子

お寺でのヨガ教室も盛んになっている昨今。
お釈迦様もヨガを実践されていたとされ、数多くあるアーサナ(ポーズ)は、最終的には全てが坐る為にあると言われています。
第一生命経済研究所の調査によると、2013年時点での日本のヨガ人口は100万人を超えたとされ、国連が国際ヨガデーをも制定。このインドの智慧の拡がりは爆発的と言え、坐に重きを置く禅宗においても無視できない存在となっています。

爆発的に拡がると、同時に、教える者の資質も問う必要があると思います。
今回は、研究所職員が師事する素晴らしい講師をお迎えし、ヨガの世界に触れていただければと思っております。
修行で坐禅をされてこられた和尚様方には、特に、様々な気づきが訪れやすい事と存じます。
心と身体と呼吸の相関性に気づきを得られる講座にしたいと思っておりますので、是非体感しにいらしてみてください。

*写真のようなアーサナはいたしません。こういったポーズのみがヨガではありません。初心者、未経験の方を対象に想定していますので、ご安心下さい。
先生の美しく安定感あるアーサナをご紹介したまでですのでご安心ください。




【お墓の法律-墓と葬送のゆくえを考え、寺院の役割を考える】
講師・田口誠道(臨済宗僧侶・行政書士)

墓じまい・永代供養墓・樹木葬・海洋散骨・ゆうパック送骨など、お墓への考え方は変化をしています。

墓じまいでは、無縁墓と判断した管理者側(寺院)が墓 地埋葬法施行規則に従い許可を得て改葬したにもかかわらず、多額の賠償を命令された例もありました。
この事例から、お墓の様々な問題に関係する法律は墓地 埋葬法だけではなく、民法をはじめとする多方向からの検討が必要であることが解ります。

また、「遺骨は誰のものか?」「宗旨が変わっても従来の寺 院墓地に埋葬できるか?」「お墓の承継者を調べる方法は?」「霊園管理規則と寺院規則の関係は?」など、いくつかの疑問を関係法令とともに確認し、これか らの葬送のゆくえと寺院の役割、いかにして仏教の素晴らしさを伝えるかを皆様とご一緒に考えてみたいと思います。

この講座は僧侶限定ではありません。実際に、行政書士の方なども受講なさいます。
お墓の法律について学びたい方の為の講座です。

160525-2.jpg皆さまのご参加、お待ち申し上げております。

お申込みはこちらからどうぞ。
お電話でも受け付けております。
禅文化研究所 075-811-5189075-811-5189

どうぞよろしくお願い申し上げます。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

展覧会、一斉拝観終了



160524-1.jpg皆さまおはようございます。

先日22日(日)をもちまして、京都国立博物館での展覧会「禅-心をかたちに-」と、春の京都禅寺一斉拝観が終了致しました。
多くの皆さまに足をお運びいただき、感謝申し上げます。ありがとうございました。
私ども研究所の書籍も販売させていただきましたが、予想以上に多くの方に手に取っていただけたようで嬉しく思いました。
大型書店の宗教書コーナーにしか置いてありませんが、展覧会などで“禅”に触れると、やはり皆さま読みたくなるものなのですね…。
ネットショップはございますので、そちらもご活用いただければと存じます。

今回、京都での展覧会をお見逃しになられた方、秋には東京国立博物館にて展覧会を開催しますので、是非そちらにお運びください。またご案内させていただきます。



一斉拝観は、臨済宗・黄檗宗の本山を始め、各ご寺院にご協力をお願いし、京都市観光協会さんのお力拝借しまして開催させていただきました。関係各位には、この場をお借りして御礼申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

160524-2.jpg私どもは、夢窓国師がお眠りになられる臨川寺と天龍寺の特別参拝ツアーを開催させていただきました。
設定日は7日間、のべ約340人ほどの皆さまをご案内させていただきましたが、そのご熱心な様子にはこちらも身が引き締まる思いでした。

そして単に参拝するのみならず、トーマス・カーシュナー師と共に過ごす時間というのが、人々にこれだけ影響を与えるのだなぁ…という発見もありました。
ツアーが終わられた後の皆さまの表情が、来られた時よりもスッキリと生き生きされていたような…。


それにしましても、おこしいただく皆さまが暖かく協力的な事に、大変嬉しく有難く思っておりました。
またいつの日か、サンガセミナーやその他企画にてお目にかかれますよう願っております。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


シヤチハタさんの多大なるご協力を得て開催しました一斉拝観のスタンプラリー。毎日たくさんのお葉書が届きました。有難うございました。5月31日まで受付けております。
抽選結果をお楽しみに!

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

杉本博司 趣味と芸術-味占郷 -細見美術館-


160523-1-1.jpg杉本氏の作品との出会いは、何年か前に美術館で彼独自の表具、“杉本表具”に驚嘆したのが最初です。

できあがってきた表具に対して、「こういうイメージではなかった。もっとここをこうして…」などと言う事は少しはできても、本紙を目の前にビシッと「こうしたい」と明確に表具のイメージを持つ事はとても難しいことだと思うのです。

それが、彼の手にかかれば、大燈国師墨跡から西洋の古い絵画に到るまでが、寸分の迷いもなさげな表具により、引き立てられるのです。使われている紙や裂や軸先にも弥が上にも興味をそそられてしまいます。


どこにもカテゴライズされない自在の人。
どういう経歴の持ち主で何をしている人なのかは私は詳しく存じませんが、そんな事はどうでも良いと思わされ、ただただ彼の世界を楽しみたいと思うのです。
誤解を恐れずに申し上げるならば、私にとってはなんとなく利休さんを彷彿させる人であります。

6月19日まで、京都は岡崎の細見美術館にて。

by admin  at 09:07  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31