逸話(2)九州博多の仙厓さん―その2

今回は良寛さんをご紹介しようと思ったのですが、やっぱり仙厓さんは、逸話の別格者。
今回もよりすぐりの2話をどうぞ。

【魚骨問答】
ある日、寺の世話をしている某が、聖福寺の本堂下を掘っていると、生々しい鯛の骨が現われた。某は、さっそくこの骨を持って仙厓和尚の前に行き、
「和尚さん、和尚さん。本堂の下からこんな骨が出ました。この寺に、こんな魚の骨があるようでは、困ったもんですな」
すると仙厓和尚、
「そうか、そうか。どうも今の小僧どもは弱くなったわい。わしの若い時分には骨も残さなかったもんじゃがのう」と。

聞くところによれば、あの厳しい僧堂でも、布施をされたものは、魚であろうが、お肉であろうが、ありがたく頂戴しなければいけないそうです。実は雲水さん、嬉しいのかな? でも布施する人も、摂心中などは駄目で、時と場合を選ばなければいけないようです。それではもう1話。

160826.jpg【忘れぬために礼いわぬ】
仙厓和尚は、人に礼を言わない人であった。そしてその言い草が面白い。
「礼を言うと、折角受けた恩が、それきり消えるような心地がするから、いつまでも、恩を有り難く思っておるために、礼を言わないのだ」と。

仙厓さんは、人から布施を受けても、また何か世話をしてもらっても、ただ黙って低頭するだけで、別にお礼を言われなかったそうです。お礼を言われないことについて、こんな逸話があります。

ある雨の日、仙厓さんが聖福寺に近い町中で、下駄の鼻緒(はなお)が切れて困っておられると、近所の豆腐屋の女房が見付けて気の毒に思い、早速、仙厓さんのところへ行って鼻緒を立て替えてあげた。しかし仙厓さんは、ちっとも礼を言われず、ただ黙って低頭して帰られた。その後、女房が仙厓さんに会っても、やっぱり礼を言われないからムッとした。けしからぬ坊主だと思った。女房、某に向かい、
「仙厓さんは、えらいお方だと皆が言うけれども、ちっともえらくはない。雨の日に仙厓さんが下駄の鼻緒を切って困っておられるから、私が鼻緒を立て替えてしんぜたのに、一言も礼を言われない。あんな礼儀知らずの坊主ったらありはしない」
と、プリプリと怒っている。某はお寺に行ったついでに仙厓さんにこの事を語ると、
「礼を言やあ、それですむのかい。わしはもう一生忘れんつもりじゃったに」と。

仙厓さんの深い心も分かる気はしますが、やっぱり、「ありがとう」と言おうよ。その言葉ひとつで救われたり、希望が持てたりしますから。
次回は、良寛さんの登場です。お楽しみに。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

逸話(1)九州博多の仙厓さん―その1

禅宗のお坊さんは、時として、まったく奇妙な行動をなさいます。
これからしばらく、そんなお話を紹介しますが、笑うもよし、ウウーーンと考え込まれるもよし、どうぞ、ご一読下さい。
まずは、九州博多の聖福寺におられたセンガイ(仙厓)さんの話です。

【父死子死孫死】
黒田藩の重役某が和尚に面会して、
「めでたい語を書いて下され」
と依頼すると、和尚、
「よしよし」
と言ってすぐさま筆を執り、
父死子死孫死
の六文字を書いて与えた。某は眉をひそめて、
「めでたいことをお願いしたのに、死を並べて書いて下さっては、かえって不祥のように思われます」
すると和尚が言った、
「そうでない、孫死して子に先立たず、子死して父に先立たず、家に若死にがないほどめでたい事が世にあるか」と。
某もその意がわかり、おおいに喜んで頂戴して帰ったという。

この逸話は、正月の出来事であったという説もあり、やっぱり少しやりすぎかな? それではもう1話。

160825.jpg【踏み台となった仙厓和尚】
仙厓和尚のもとには多くの雲水が入門していた。聖福寺の近くには花街があったために、中には行ないの悪い雲水もいて、夜間ひそかに屏を乗り越えては花街通いをする者もいた。その屏が高いので、僧たちは、その下に踏み台を置いて登り下りしていたのである。
しかし、こんなうわさが師匠の仙厓和尚に伝わらないはずがなかった。みずからの不徳を恥じた仙厓和尚は、ある夜、彼らの帰る時分を見はからって、屏のところへ行くと、その踏み台を取りのけて、そこに坐禅して帰りを待った。
そんなこととは知らない雲水たちは、夜明け近く、こっそりと帰って来て、外から屏をよじ登って、さて内側に下りようとすると、どうしたことか、あるべきはずの踏み台がない。はて、どうしたことかと怪しみながら足でさぐってみると、ともかく踏み台の代用らしきものがあったので、それに足をかけてようやく下に下りた。
さて、下に下りて星明かりにすかして見ると、あろうことか、踏み台代わりにしたのは、何と師匠の仙厓和尚の頭である。さすがの悪僧どもも色を失い、その場に平伏した。

余りにも有名な逸話ですが、お弟子さんを思うお師匠さんの気持ちが伝わって来て、いつ読んでも好きな話です。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (1)  | Trackbacks (0)

摩訶不思議な仏縁

 

_MG_0944.jpg

上の写真は、自坊の本堂中央に掲げられている木製の扁額です。ちょっと読みにくいでしょうが、右から「瑠璃殿」と書かれています。自坊のご本尊は薬師瑠璃光如来(秘仏)なので、この額が掲げられているのでしょう。私も、そして父もこの額がいつ掛けられたのかは知りません。
書かれたのは、大本山妙心寺の初代管長を勤められた鰲巓道契禅師(1814~1891)です。ただ、自坊にはこの元になる書は遺っていませんでした。

今年5月に自坊の先々住の五十回忌をお勤めしましたが、それに合わせて閑栖がその師匠である先々住との想い出を一冊の本にして私家版『枯淡の家風』として上梓しました。その本の中にこの額の写真を載せておいたのです。そして、法要においでになった方々にはもちろんですが、ご縁のある人には、顔を見ると差し上げていました。

その50回忌の翌日のこと、私の修行時代の1年先輩の和尚が、悲しいかな早逝してしまわれ、翌月、その津送のために沼津のお寺に行った時の事。

そこに同席されていた京都で墨蹟などを扱うお店をされているご主人Yさんが私におっしゃるのには、「先日いただいた『枯淡の家風』の中に「瑠璃殿」という扁額が載っていたが、その元になったと思われる墨蹟を、近頃、業者のオークションで手に入れ、自分の所の広告に載せていたところ、とある方が店を訪ねられてこれを欲しいと仰ったので売ったのです」と。聞くと、その方のお寺も薬師如来がご本尊で、近く新命さんの晋山式を行なうので、それまでにとのご希望だったとのことで、古い痛んだ表具は外して額装にして納めたばかりだとのこと。

その話を聞き、大変興味を持ったので、いったいどこのお寺にお納めになったのか、よろしければ教えて欲しいと聞いたところ、私の隣の和尚を指さし、「この方なんですよ、それが……」と。

なんと私の隣に居たのは、私の修行時代の同夏(同期)。つまり最も近しい修行仲間のSさんなのでした。Yさんは私とSさんが同夏だということはご存じなかったので、これはホントに偶然だったのです。あまりに不思議なことなので、三人で声をあげて驚きました。

さらに、Sさんの祖父にあたる方も自坊で50回忌をした私の祖父と同じく、岐阜の虎渓僧堂出身。話を聞くと、うちの祖父とそっくりな枯淡な家風だったことにも驚き。ほぼ同じ時代に虎渓僧堂におられたようです。

祖父の50回忌があってその為に作った本、そして、このタイミングで3人が出会った不思議。なんとも摩訶不思議な仏縁としかいえないことでした。

Sさんのお寺に納められたのは下の写真です。どうです、まったく同じ物でしょう?

1317.jpg

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

鎌倉大坐禅会のお知らせ

 


160809.jpg平成28年10月29日(土)、30日(日)に遠諱企画の締めくくりとなる大坐禅会を鎌倉で開催いたします。

これまでにも有楽町よみうりホールや六本木ヒルズなどの会場を使用して講演会やイベントを行ない告知して参りましたが、鎌倉禅の源流である大本山建長寺円覚寺にて坐禅会を行なうことが決定いたしました。

提唱と坐禅がセットになっており、食作法に則っていただく昼食や写経などのオプションもあります。
募集人数は全コース合計1440人です。間もなく定員となるコースもありますので、お早めにお申し込み下さい。

凛とした禅寺の雰囲気の中、初心者を含め、一般の方々が本格的に禅体験できる貴重な機会となっていますので、みなさまのご参加を心よりお待ちしています。

詳細並びにお申込みはこちらからどうぞ。


by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

サンガセミナー -香りを知る- ご報告


160809-1.jpg7月20日に、村田真彌子先生を講師に開催させていただきました、サンガセミナー -香りを知る- のご報告です。

女性の方に多くおこしいただく講座となるのかな……と思っていたのですが、予想に反して当日は和尚様がたの参加が多いセミナーとなりました。

少人数でしたので、先生を囲んで椅子席におかけいただき、皆さんのご意見を交えつつ、とっても和やかな学びの場となりました。


古来より祈りの場など、清浄に保つべき場所には必ず必要とされた香り。
実用的には、病から身を守る事にも使われてきました。

お釈迦様からイエス・キリスト、クレオパトラ、マリーアントワネットなど歴史上の人物と密接な香りの歴史や、改めて一休禅師の「香十徳」などについてもお話をうかがい、実際に、レモン・ブラックペパー・サンダルウッドの香りを体験し、それぞれの感想を伝えあい、香りと記憶の密接な事から、香りがどのように脳に働きかけるのかを教えていただき、それが医療に取り入れられている現実を知りました。

実際、アルツハイマーや認知症治療にも効果があるようで、そのようなデータを拝見しつつ、受講された皆さまは、ご自身の健康にも生かしていきたいと思われたのではないでしょうか。



お寺の庭にはびこってきたミントの使い方や、ペットのダニや虫刺され予防についてなどの具体的なご質問も出ておりました。
リラクゼーションにとどまらないその様々な効果から、何故昔から珍重されてきたのか、祈りや宗教とも密接なのか紐解く事ができたかと存じます。
個人的にもまたお話拝聴したいほどに楽しく興味深く、2時間があっという間でした。

*現在、10月以降のサンガセミナー、参加者募集中です。10月18日の創作精進料理講座は、定員に達しましたので、キャンセル待ちを受付け中です。 宜しくお願い申し上げます。


*16日(火)までお盆休みを頂戴します。ブログもお休みさせていただきますが、ご了承くださいませ。

by admin  at 09:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
2016年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31