公益財団法人 禅文化研究所

English Site

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

このエントリーをはてなブックマークに追加
大愚和尚語録・拾遺・行実
訓注・能仁晃道
A5判/函入上製/272頁
定価:本体5,000円(税別)
ISBN978-4-88182-268-5
発行日:2012/7/10
行実は、明和五年(1768)に写された「大愚和尚行実並徒弟記 全」(岐阜南泉寺本)を底本に、語録は年紀不詳ながら無著道忠筆といわれる「大愚和尚語録」(京都龍華院本)を底本に、拾遺は年紀不詳の「大愚和尚語録拾遺」(岐阜正眼寺本)を底本にし、ほかに岐阜多福寺本、京都法輪寺本も併せ見て本書の訓注を行なった。
語句索引付き。
愚堂東寔禅師(一五七七~一六六一)、雲居希膺禅師(一五八二~一六五九)、そして、この大愚宗築禅師(一五八四~一六六九)。私はこの三人を自分勝手に「江戸前期の三大禅匠」と呼んでいる。この禅匠たちは、青年のころは行脚修行を共にし、大法なってからは、愚堂禅師は妙心寺に三住して一派の重鎮的存在となり、雲居禅師は松島瑞巌寺を中興し、道歌集『往生要歌』をもって庶民教化に勉め、大愚禅師はいわゆる「大愚派三十六刹」を開山中興して臨済禅の挙揚に励んだ。
―能仁晃道 〈まえがき〉より
ブログ禅より


コメントを投稿する