公益財団法人 禅文化研究所

English Site

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

このエントリーをはてなブックマークに追加
雲水日記
-絵で見る禅の修行生活-
画・文/佐藤義英
A5判並製/240頁
定価:本体3,000円(税別)
ISBN978-4-88182-038-4 C0015
発行日:1984/11/25
雲水が集団をなして、一定の規則のもとに自治自活の共同生活を営むという修行形態は、禅宗独特のものです。平素は固く門を閉ざし俗人の入るのを許さない僧堂生活を、96枚の画で活写する本。禅文化研究所ならではの一冊です。

入門篇
初行脚/掛錫/庭詰/投宿/旦過/旦過詰/知客/参堂/安単/相見
日課抄
開板/規矩/開静/出頭/朝課/堂内諷経/常住諷経/典座/飯台看/粥座/茶礼/独参/日天掃除/集米/托鉢/小憩/帰院/斎座/作務/園頭/剃髪/大四九/開浴/祝聖/行道/点心/晩課/晩課掃除/昏鐘/守夜/解定/副司/三応/副随/貼案
参禅録
把針灸治/茶礼出頭/総茶礼/亀鑑/告報/開講/接心/坐禅/止静/警策/喚鐘/入室/仏心行/経行/法鼓/提唱/工夫/夜坐/総参/検単/延寿堂/隠事行/見性
歳時記
除策/加担/半斎/更衣/半夏/饗応/起単留錫/解制/二夜三日/棚経/施餓鬼/彼岸鉢/休息/弁事/款接/加役/大根鉢/漬物/臘八/冬夜/正月支度/大般若/随意坐/交代支度/交代/暫暇/賓接/放行
僧堂の生活と現代  平田精耕
臨済宗における禅堂の生活  加藤隆芳

コメントを投稿する

読者からのコメント
全体に整然と大変わかり易く、難しい禅語も画となっているので嬉しかったです。 福井県・男性
文は簡潔にして分かり易く、絵も、ほのぼのとして、文字を追う気持ちをやすらげる。 京都・52歳男性
とても面白かったです。私は仏教系の大学を出ていますが、そこで将来お寺を継ぐ若者達が4年間遊びほうけていた事を思い出し、ちゃんと修行を積んで悟りを開いていくお坊さんはどんどん少なくなっているのだろうと思い、残念な気持ちです。私は一般の俗人ですが、心のたたずまいについて、教えられる事の多い本でした。ほんの少しですが悟りが開け、心が洗われました。 神奈川県・44歳女性
北鎌倉の円覚寺にて学生坐禅会へ参加させていただいて以来、雲水さん達の厳しい生活、興味深くも知るすべなく静かに感心するばかりでした。そんな中、わかりやすく素敵な絵で知ることができる本に出会え、有難い限りです。いつの日かまた参禅させていただく時の参考にしたいものと思っています。 岩手県・53歳女性