公益財団法人 禅文化研究所

English Site

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

このエントリーをはてなブックマークに追加
善本覆刻叢書『新刊錦繍段鈔』
編纂・天隠龍沢
定価:本体50,000円(税別)
全5冊・帙入
建仁寺218世・南禅寺231世に昇った天隠龍沢が、唐・宋・元の諸名家の絶句328首を門類に編纂したもの。康正2年(1456)以来、10数回板刻出版され、多くの作詩者に愛好された。禅味ゆたかな句が多く、初歩の作詩者には必携の典籍とされる。本書は、その代表的注釈書で、10巻10冊からなる。注釈者は、岩国藩の藩儒を勤め、若き荻生徂徠に影響を与えた宇都宮遯庵。遯庵の学風は、一語一句を厳密に出典に依拠して解釈する、極めて精緻な注釈学で、そのために「虱(しらみ)先生」とあだ名されたほどである。本書も、遯庵自ら、「幼学の者をして之れを暁らし易からしめんが為に」と記すように、詩句の典拠、詩意の解釈など、懇切に教えている。万治4年(1661)刊。
原文テキストデータベースをダウンロードできます

コメントを投稿する