公益財団法人 禅文化研究所

English Site

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

このエントリーをはてなブックマークに追加
無門関プロムナード
著・西村惠信(禅文化研究所所長)
46判上製/276頁
定価:本体2,300円(税別)
ISBN978-4-88182-198-5 C0015
発行日:2004/3/10
禅の基本テキスト『無門関』を読む。花園大学学長である著者が、妙心寺派の月刊誌『花園』に連載したシリーズの単行本化。宋代の禅僧、無門慧開禅師が撰んだ48則からなる公案集を、著者みずからが描く画とともに、禅の初心者にもわかりやすいよう、ひとつひとつかみ砕いて説く。はてさて、あなたも、この禅問答にとっ捕まってしまうのか。

本書を手にされた皆さんへ
1 趙州の狗子
2 百丈山の狐
3 倶胝の一指
4 胡子に鬚無し
5 香厳、樹に上る
6 世尊、華を拈ず
7 趙州の洗鉢
8 奚仲、車を造る
9 大通智勝
10 清税の孤貧
11 州、庵主を勘す
12 巌、主人を喚ぶ
13 徳山の托鉢
14 南泉、猫を斬る
15 洞山の三頓
16 鐘声七条
17 国師、三たび喚ぶ
18 洞山の三斤
19 平常心、是れ道
20 大力量の人
21 雲門の屎橛
22 迦葉刹竿
23 善悪を思わず
24 離却語言
25 三座の説法
26 二僧、簾を巻く
27 心、仏にあらず
28 久しく龍潭を嚮う
29 風に非ず、幡に非ず
30 即心即仏
31 趙州の勘婆
32 外道、仏に問う
33 非心非仏
34 智は是れ道にあらず
35 倩女離魂
36 達道の人に逢う
37 庭前の柏樹
38 牛、窓櫺を過ぐ
39 雲門の話堕
40 趯倒浄瓶
41 達磨の安心
42 女子の出定
43 首山の竹篦
44 芭蕉の拄杖
45 他は是れ阿誰ぞ
46 竿頭、歩を進む
47 兜率の三関
48 乾峰の一路

コメントを投稿する

読者からのコメント
面白かったです。坐禅を始めて3~4年。少し禅のめざすところが分かりかけた者の学力に相応しかったのか、一気に通読。こういう大衆性のある「臨済録」や「碧巖録」があってもいいと思います。 京都府・64歳男性