公益財団法人 禅文化研究所

English Site

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

このエントリーをはてなブックマークに追加
訓読『近世禅林僧宝伝』 全二巻
訓註・能仁晃道
B5判上製箱入・計1250頁
定価:本体35,000円(税別)
ISBN978-4-88182-160-2 C0015
発行日:2002/12/24
本書は、明治23年、相国寺の荻野独園老師が、『延宝伝灯録』、『本朝高僧伝』以降の臨済宗の禅僧等の伝記を撰した『近世禅林僧宝伝』(三巻)と、昭和13年、小畠文鼎師が撰した『続禅林僧宝伝』第一輯・第二輯(七巻)の計10巻をすべて訓読し、人名・寺名・山号名などの充実した索引を付した禅僧伝である。日本臨済禅の伝統を、今一度、再確認するための最良の一書といえる。

コメントを投稿する