公益財団法人 禅文化研究所

English Site

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

このエントリーをはてなブックマークに追加
訓注 古月禅師四会録
能仁晃道
A5判/上製本カバー装/1100ページ
定価:本体12,000円(税別)
ISBN978-4-88182-316-3
発行日:2019/9/15
令和元年12月15日発売予定
諸事情により発刊が伸びることになりました。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程をお願いいたします。

 
近世臨済禅の巨匠 古月禅材の語録
初めての全訓注

「西の古月・東の白隠」「枯禅の古月・勇猛の白隠」などと、常に白隠慧鶴と対比的にとらえられる古月禅材だが、白隠禅一流となった現在、その『語録(四会録)』は、かえりみられず、未だに開版されたこともない。『四会録』の原本は、古月開山の久留米福聚寺に保存されており、今回は、その原本を底本に用い、古月遷化後、二百七十年を経て、初めて活字化し、訓読・注記・意訳を加えて刊行するものである。
近世禅宗史の全貌をとらえる必須の一書となるであろう。

コメントを投稿する