公益財団法人 禅文化研究所

English Site

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

季刊『禅文化』

禅の思想と生活、および文化・美術などに興味をお持ちの方のための禅の教養誌。年4回(1、4、7、10月の25日)発行しております。既刊分の目次はこちらでごらん下さい。

  • 季刊 禅文化 207号

    季刊 禅文化 207号

    2007年冬号
    ●人生の転機/松田高志 ●白隠ゆかりの地を歩く/芳澤勝弘 ●吊り橋を渡る 三余居窓話(五十六)/西村惠信 ●南無阿弥陀仏/安永祖堂 ●眼閉づれど心にうかぶ何もなし/佐伯裕子 ●私のスウェーデン禅紀行/松下宗柏 その他
     
  • 季刊 禅文化 206号

    季刊 禅文化 206号

    2007年秋号
    ●碧巌録提唱(十) 第二十四則 鉄磨到潙山/山田無文 ●邂逅―禅と茶の世界/滝田栄 ●教育の前提としての三つの「信」/松田高志 ●ブラフト神父との四十年 三余居窓話(五十五)/西村惠信 ●孤独地獄/安永祖堂 ●グラビア 無窮子蔵近世禅林墨蹟 賢巌禅悦と古月禅材 ●わが夫が臭ひてはならぬに 森岡貞香の月光の歌/佐伯裕子 その他
  • 季刊 禅文化 205号

    季刊 禅文化 205号

    2007年夏号
    ●悠々飄々 暮雲軒近藤文光絶海老大和尚/山田宗敏 ●道釈人物画―禅宗の絵画 その二/金澤弘 ●阿弥陀窟参拝記/芳澤勝弘 ●参禅の日々/堀内宗心 ●朝靄から洩れてくる虫の音のように/安永祖堂 ●国際エコノミストから禅研究の道へ/水野隆徳 ●われにふるるな 築地正子の鳥の歌/佐伯裕子 その他
  • 季刊 禅文化 204号

    季刊 禅文化 204号

    2007年春号
    【季刊『禅文化』二〇〇号記念特集(七・八六号より再録)】 ●談話 湘山老師と現代の禅/久松真一 ●「井戸」と「楽」/柳宗悦
    ●起信論研究ノート/古賀英彦 ●頂相―禅宗の絵画 その一/金澤弘 ●日本 達磨伝説―達磨の墓―/藤田琢司 ●お茶を教えるということ/堀内宗心 ●有時/平塚景堂 ●師匠とその弟子/安永祖堂 その他
  • 季刊 禅文化 203号

    季刊 禅文化 203号

    2006年冬号
    【特集 追悼 柳田聖山先生】
    ●柳田聖山先生の遺言/ウルス・アップ ●久嚮聖山/石井修道 ●白雲悠悠 追悼/上田閑照 ほか
    ●『碧巌録』雑考(十九) 天平和尚両錯 ⑦/小川隆 ●快川国師の生涯(十四) 恵林寺の兜卒橋完成/横山 住雄 ●沢庵禅師の茶の湯の素地一考/泉田宗健 ●白隠の蟹払子図 狂言『蟹山伏』のこと/芳澤勝弘 その他
  • 季刊 禅文化 202号

    季刊 禅文化 202号

    2006年秋号
    ●語録の世界(下) 要説・中国禅思想史/伊吹敦 ●野の道を歩く 三余居窓話(51)/西村惠信 ●歯形の地蔵/安永祖堂 ●梁山泊の四季 秋―生きぬく 永田照喜治さん「トマト」/橋本憲一 ●あなぐま寺庭記 その二十一 マイ・パッチワーク/伊賀奎子 ●初めより二人なりしを 近藤芳美の妻の歌/佐伯 裕子 その他
  • 季刊 禅文化 201号

    季刊 禅文化 201号

    2006年夏号
    ●季刊『禅文化』二〇〇号記念特集(三八号より再録)老婆心/森本省念 ●生死去来 真実人体 道友 堀尾孟さんに捧ぐ/上田閑照 ●松源黒豆法/泉田宗健 ●白磁の「うれい」/平塚景堂 ●梁山泊の四季 夏―やさしさ 灰谷健次郎さん「泊まり客」/橋本憲一 ●白隠の茶釜蟹図 渡唐天神と遠羅天釜/芳澤勝弘 その他
  • 季刊 禅文化 200号

    季刊 禅文化 200号

    2006年春号
    4月25日発刊

4ページ中4ページ 1 / 2 / 3 / 4

禅文化研究所の最新出版物のDMパンフ(2021年夏号)はこちら(PDFファイル)からご覧いただけます。

PDF 最新出版物DMパンフ 2021年夏号
(PDF:6.5KB)